2.

大人の矯正

​永久歯がすべて生えてからの矯正治療のことを言います。一般的には、12歳以降に開始することが多く、年齢の上限はなく、何歳の方でも治療できます。ただし、残っている歯の本数、歯ぐきや骨の状態にもよりますので、まずはご相談下さい。

また、何かの障害によって永久歯が生えてこないこともあるので、乳歯が抜けた後に永久歯が中々生えてこないと思った時や、乳歯が抜けないでずっと残っているなど、気になることがあったら、ぜひご相談下さい。

当クリニックの大人の矯正治療では、マルチブラケット装置とマウスピース型の装置の2種類から選択できます。

大人の方が​歯列矯正をするメリット

  1. 歯磨きがしやすくなり、むし歯や歯周病になりにくくなります 

  2. かみ合わせが整い、左右の歯でしっかり咀嚼できるようなり、胃腸など消化器官への負担を減らしたり、特定の歯だけに強い力が加わることを改善したりします

  3. 歯並びが悪いというコンプレックスから解放され、ストレスが解消されます

  4. ​​ご自身の歯を並べるので、人工的なかぶせもので歯列を整える治療と比べると、より丈夫で長持ちします

ただし、健康保険が適用されず、自費診療であったり、治療期間が他の歯科治療と比べると長くかかったりなどのデメリットもあります。

マルチブラケット装置

​歯の一本一本にブラケットと呼ばれる金属またはプラスチックのボタン(ブラケット)を付け、ワイヤーの弾力やゴムの力を利用して歯を動かします。

当クリニックでは、基本的に審美性に優れ、歯を傷つけにくいプラスチックのブラケットを前歯に、奥歯には金属のブラケットを使用しています。

また、なるべく目立たない装置をご希望の方には、より審美性、耐久性に優れたセラミックブラケットや白いワイヤーなどを用いた治療も行っています。

マウスピース型矯正装置

​マルチブラケット装置を使わずに、取り外しのできるマウスピース型の透明なプレートを使用する矯正方法です。

形を少しずつ変化させたマウスピース型の矯正装置を定期的に交換しながら歯を動かします。

透明で薄いプラスチックの素材を使っており、使用していてもほとんど目立たないので、治療していることを他人に気づかれることは少ないでしょう。

​また、取り外しができるので、お食事や歯磨きもいつも通りでき、マルチブラケット装置と比べて矯正治療中のむし歯のリスクも軽減できます。

歯並びによっては適応できない場合もありますので、まずはご相談下さい。

  • 装置がお口の中に入るため、歯ブラシが届きにくく、虫歯や歯周病(歯肉炎)のリスクが伴います。(医院でのブラッシング指導、ご本人のハミガキきを日々しっかり行っていただく必要があります)虫歯の定期検診やフッ素塗布などをおススメしております。

  • 治療中に歯根吸収や歯茎退縮が生じる場合があります。

  • 歯の移動により装置から余分なワイヤーが出ることがあります。そのため内頬を傷つけることがまれにあります。その場合はワイヤーの調整やカットを随時行います。

  • 極端に硬い食べ物は装置が外れたりすることがあります。装置への負担の関係から出来れば硬い食べ物は避けるようにしてください。

  • 繊維質の食べ物は、装置にひっかかり飲み込みづらくなることがあります。

  • 個人差によっては歯が後戻りをすることがあります(移動した歯は元の位置に戻ろうとします)そのため治療終了後もリテーナー(保定装置)を一定期間正しくつけることを忘れずにお願いします。

大人の矯正のリスク・副作用など

大人の矯正治療費

​マルチブラケット装置による治療

大人の矯正.png

​マウスピース型矯正装置による治療

大人料金表 インビザ.png

※すべて税別です