4.

矯正治療中の予防処置

​矯正治療後には、歯並びが整って歯磨きもしやすくなりますが、矯正装置がお口の中に入っている時期は、むしろ歯磨きが大変になり、むし歯や歯ぐきの炎症が増えるリスクが高くなります。

それでも、正しい歯磨きや、間食のとり方、ホームケアグッズの取り入れ方などの知識を得てもらい実践してもらうようになれば、むし歯や歯ぐきの炎症のリスクはグッと下げることができるようになります。

当クリニックでは、予防歯科に力を入れており、まずそもそも「何でむし歯になるのか?」といったところまで掘り下げてお話をして、正しい知識を身に着けてもらい、矯正中だけでなく生涯にわたって、きれいなお口をご自分で維持できるようにして頂きたいと考えております。

矯正期間中は、まず初めに正しい知識を身に着けてもらい、歯科衛生士によるお口の中のクリーニングや、歯磨きの仕方のチェックなどを定期的に受けていただくことを、ぜひお勧めしています。